スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手する

ついに明かされた永田メール事件、7年目の真実

前原代表ら民主党執行部が総退陣に追い込まれた永田爆弾メールの発生から7年。

偽メールにご注意ください。平成18年2月、民主党の永田寿康・衆院議員が、
西澤たかし…あ、いや、なにがしという人から、
ライブドアを退社した元社員が
社内HDDのコピーを持ち出して、その中にあったとされる
疑惑の爆弾メールを入手したと発表したことに始まった。

郵政解散総選挙公示前の平成17年(2005)8月26日、
ライブドアの堀江貴文社長=当時(現在収監中)が
自民党幹事長の次男の口座に3000万円振り込むよう
元社員=当時社員に送信したメールとされた。

厳しく追及する野田国対委員長小泉内閣を追いつめ新味を打ち出し、政権交代の機会を窺う
前原・野田グループ主流の民主党執行部は、
野田佳彦・国対委員長が、「メールの写し」を公表。
それがこれだ。

メールの写しとみられる写し
なんだこれは!

平成18年2月22日の党首討論
小泉首相小泉首相
「証拠が証拠になってない。
 証拠があるある言っても出してこないではないですか。」

前原代表前原代表
「証拠はある、確証はある、口座番号は分かってある。
 国政調査権を発動することを大前提に金融機関情報の開示を求める。」

小泉首相小泉首相
「だからその確証を早く出してください。確証があれば当然行使します。
 しかし、その前に極めて簡単。メールが本物だという証拠を出せば、
 国政調査権を行使するまでもなく真実と分かるわけであります。」

それはメールの内容以前の問題で、公明党・大口議員からも
メールの写しはいくらでも偽造できるため証拠能力がなく、郵便物の消印に相当する
ヘッダー、メールソフト、プロバイダー、サーバー、送信地域、接続方法などについて
永田議員は、一切確認していないという。

そのため平成12年11月20日の衆院本会議で、永田議員が
保守党の松浪健四郎・衆院議員(=当時)からコップの水をかけられた際、
松浪議員は次のように演説している。

©Dandy 荒田松浪健四郎
「明確な理由も論理もなく、情緒で動く現状は、
 山本七平氏が言うところの
 「空気」の研究対象になるでありましょう。」


画像:アンサイクロぺディア©Dandy 荒田

明確な証拠も物証もなく情緒だけで動く現状は、
山本七平氏が言うところの「空気」の研究対象になると
松浪議員は、5年も前から永田議員に衆院本会議場で警告していた。

3月2日、永田代議士はメールがガセネタであることを謝罪。
まもなく入院、議員辞職に追い込まれた。

松浪議員の警告通り、のちに民主党のメール問題報告書の中で、
“「ライブドアに関わる疑惑はあるはずだ」という空気”が蔓延していたとあり
山本七平氏が言うところの「空気」の研究対象になると思われる。

ガセネタの写しを公表した野田佳彦国対委員長も引責辞任に追い込まれた。

厳しく追及される野田国対委員長その際、野田国対委員長はバーにおいて
馬淵澄夫議員の前で次のように発言したという。
「イヤー、いろいろあったけど、
 (恥ずかしくて)墓場まで持ってくしかねえなあ。」


憔悴する前原代表3月14日には、前原代表が…いや、正確には前原代表の
起き上がり小法師が、起き上がらず倒れたままとなり、
17日後の31日、前原代表は代表辞任に追い込まれている。
証拠は「ある、ある」と言うだけで結局証拠は出てこなかった。

7年の歳月を経て、永田メール事件の真相は
政権交代後の民主党の姿によってほぼ解明されたと考えられている。

書いてないことを、やるんです。「マニフェストに書いてないことは、やらないんです。
 それがルールです。」
しかし、野田首相はマニフェストに書いてない
消費税増税について議論を超えて法案成立まで
行なうぐらいだから、ないことをやろうとするのが
野田国対委員長だと考えられる。
ないメールを、あるようにしようとしたと思われる。

ある、ある。やる、やる。「証拠はある、確証はある、
 口座番号は分かってある。」
かなり強気の党首討論に臨んだ前原代表だったが、
終了後のぶら下がりでは一変して
「言葉が間違っていた。」などとしていた。
あぁあ…
産経新聞から「言うだけ番長」の称号を授与された。

行方不明となったミスターⅩ氏今回我々は、永田メール事件真相究明のため
情報仲介業のミスターⅩ氏に原本入手を依頼していたが、
ついに行方不明となられ、音信が途絶した。
左)行方不明となったミスターⅩ氏。

そこで我々は、ミスターⅩ氏によるウィキリークスからの原本入手が不可能となったため
手がかりを求め、ウィキぺディアにアクセスを試みることにした。

ウィキペディアにアクセスし、堀江メール問題のページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E6%B1%9F%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C
その最後にある「外部リンク」の「「メール」問題についてのお詫び(民主党web-site)」
などという所をクリックしてみたところ、
mailmondai01.jpg
何ということだ。

あ、たぶん、こういう事なのかもしれない。
meilmondai02.jpg
スポンサーサイト
web拍手する
カテゴリ
更新記事
検索フォーム
データ
歴代首相のページ 明治総理のページ 大正総理のページ 昭和総理のページ 戦後総理のページ 平成総理のページ 歴代衆院解散 歴代首相靖国参拝
リンク
コメント
管理当局

Appendix


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。